管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

早いと速いの違い!使い分けはどうしたらいいの?

haitatsu

う~ん…、コレって「速い」?
それとも「早い」の方がいいのかな?
ああ~もうワケがわからんくなってきたーヽ(`Д´)ノ!!

私はよくブログを書いていることが多いので、漢字の使い分けで、ヒジョーに困ることがけっこうあります。

 

そのうちの一つが「はやい」

だいたいどんな違いなのかは、なんとなくわかっているつもりなんだけど、たまにどっちを使えばいいかわからない時がチラホラ…

そこで、「早い」と「速い」の違いについて、改めて、勉強し直してみることに。

「実は私もよくわかっていませんでした…」

というあなたは、私と一緒にコッソリ勉強してみましょう。


スポンサーリンク

「早い」と「速い」。基本的な使い分け

まず、基本的な違いについてお話していきます。

わかりやすく、シンプルに違いをまとめると、

  • 早い・・・何かをする時期や時刻が早いという意味。英語で言うと「early」。
  • 速い・・・何かをするのにかかる時間が短いという意味。英語で言うと「fast」。

このような違いがあります。

例えば、「朝起きるのがはやい」の場合は、時間に関係するので「早い」、「ベッドから起き上がるのがはやい」だと動作なので「速い」、となります。

まあ、この程度のことはほとんどの方が、それぐらいはわかってるよ、と思うはずです。

しかし、実際には使い分けで悩む時が出てくる…

次は、そんな謎について解き明かしていきましょう。


スポンサーリンク

速度に関係しているのに、なぜか「早い」を使うことが多い現実…

その原因は、

  • 早足
  • 早食い
  • 素早い
  • 早口

などなど、実際に使われている言葉たちを見てみると、動作が速いということなのに、なぜか「早」を使うことが多いからです。

こうしたおかしな事例がたくさんあるから、使い分けでわからなくなってしまうことが出てくるんですね。

 

だって、正しい意味で考えたら、「速足」とか「速食い」とかの方がしっくり来るじゃないですか。

なのに「早い」と使う理不尽さ(^_^;)

外国の人が「ニホンゴムズカシイネ~」って言ってるのをテレビでチラホラ聞きますが、日本人の私もその気持ちがよくわかりました(苦笑)

なんでこんなややこしいんだー!!

 

どうしてこのようなことになっているのか、調べてみたところ、「早い」という言葉には、「急いで行う様子」という意味もあるんだとか。

そう聞くと、まあ確かに…と、いちおう納得はできそうです。

でも、なんで「早」ばっかり使われるんでしょうかね?

別に「速」の方を使ってもいいじゃないですか。

これについては、

「辞書とかでもそうなってるんだし、そうとしか言いようが無いんだよ…(ー_ー)」

とのこと(苦笑)

 

こじつけでも何でもいいから何か理由があるだろ、とさらに調べてみて、それっぽい理由として、「早」の方が、かんたんに書けるからというのがありました。

まあ、言われてみればそうだけど…

なんだかものすご~く単純な答えだったけど、案外これが真相なのかもしれません。

やっぱり難しい漢字はできるだけ書きたくないのは、皆同じってことですかね(笑)

まとめ

「早い」と「速い」の違い、これでちゃんと理解できたでしょうか?

基本的には、時期や時刻だったら「早い」速度だったら「速い」を使っておけば問題ありません。

もし、よくわからない場合は、どっちの意味でも通るなら、どちらを使ってもいいです。

なんともスッキリしない結論ですが、まあ仕方ないですからね…

日本語の複雑さを痛感する出来事でした(苦笑)


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます!