管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

節分にいわしを食べるのはなぜ?その由来とは?

 私の家では、節分にいわしを食べる習慣があります。

でも、なぜいわしを食べるのかよく分からない…

人によっては、いわしを食べるだけでなく、焼いた頭を玄関に飾ったり、「いわしがない節分は考えられない!」という人もいますよね。

それにしても、なぜ「いわし」なのでしょうか?

気になったので、いわしを食べる由来について調べてみました。


スポンサーリンク

なぜいわしを食べるの?

iwasi

主に西日本で、節分にいわしを食べる習慣があります。

これは、いわしを焼いたときに出る、もうもうとした煙で、鬼を追い払うためと言われています。

鬼は、いわしから立ち上る煙が嫌いなんですね。

 

その他にも、いわしのにおい柊(ひいらぎ)の葉も苦手です。

柊は、葉のトゲが鬼の目を刺すと言われ、いわしは、鮮度落ちが早く、すぐに悪臭を放つことから、鬼ですら退散するという言い伝えがあります。

そのため、節分には、柊と、焼いたいわしの頭を玄関に飾る風習があるのですね。

いわしを食べたり、飾ったり、その地域によって節分の風習は違うようです。

 

鬼を追い払うために、いわしを食べたり飾ったりすることは分かりましたよね。

実は、他にも、もう一つの理由があることがわかりました。

次は、その理由をご紹介します。


スポンサーリンク

健康のためにいわし食べるという説も

秋から冬にかけて獲れるいわしは、脂がたっぷりのっていておいしいだけでなく、栄養満点!

いわしに含まれるDHAには、脳細胞を良くする働きや、冬の寒さからくる「冬季うつ病」の予防にもなると言われています。

他にも、カルシウム鉄分が豊富に含まれていますので、寒い冬を乗り切るための、大切なエネルギー源となりますよ!

節分にいわしを食べることは、家族の健康や、無病息災を願う意味もこめられているようです。

 

ここまで、2つの由来を紹介してきましたが、ここで気をつけないといけないのが「食べ方」です!

それぞれの由来による最適な食べ方は、実は違います

なので、最後に、節分の時はどんな食べ方がいいのか、それぞれの由来ごとに紹介しておきます。

いわしはどうやって食べるのがいい?

節分に食べるいわし料理といえば、昔は塩焼きが一般的でした。

今でも、いわしの定番料理と言えば、塩焼きという方も多いと思います。

なぜ、塩焼きかと言うと、もうもうと煙が立ちのぼるからです。

「煙で鬼を追い払う」という言い伝えから考えると、もっともマッチした調理法ですしね!

 

しかし、DHAは酸化しやすいため、焼いてしまうと栄養価が下がってしまいます(´Д`。)

なので、魚の栄養を余すことなく体に取り入れるには、刺身マリネなど、で食べるのが一番です♪

iwasi2 

また、小さいいわしであれば、南蛮漬けや圧力鍋で梅干煮にすると、酢の効果で小骨がやわらかくなって、食べやすくなりますよ。

つまり、

  • 鬼を払いたいなら、塩焼き
  • 健康のために、栄養を失わずに食べたいなら生

「鬼を払うため」それとも「健康のため」、どちらを重視するかで、食べ方を工夫してみるのがおすすめです!

毎年同じ食べ方でも、飽きるし、バリエーションも豊富になるので良いですよ(*^-^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

節分にいわしを食べる由来は、

  • いわしを焼いた時の煙で鬼を追い払うため
  • 栄養価の高いいわしを食べると、身も心も健康になるから

といった意味があります。

お子さんがいる家庭なら、子供に、どうしていわしを食べるのか、今回の話を教えてあげるのもいいですね(*^-^*)

家族でいわし料理を囲んで、明るい笑顔の食卓で、鬼を追い払いましょう!


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます。

コメントも気軽にしてくださいね!