管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

HDLコレステロールが高い原因!健康への問題は?

この間、体調不良で病院に行ったのですが、かなり久しぶりだったこともあり、念のため他の部分もいろいろ検査してもらいました。

そして、その結果…、

「コレステロール値が高いね…」

おお・・・orz

とヘコんだのも束の間、よくよく話しを聞いてみると、HDLコレステロールが高いのが関係しているとのこと。

検査結果を見てみると、確かにHDLも基準値をオーバーしていました。
(LDLコレステロールの方は問題ナシでした)

このHDLコレステロールって、善玉コレステロールとも呼ばれていて、血管に残ってしまった余分なコレステロールを取り除いてくれる、つまり良いヤツ(笑)だそうです。

心筋梗塞や動脈硬化の予防にも役立つと言われています。

なので、お医者さんの話でも、そこまで気にしなくても大丈夫だよと言われ、話は終わってしまったのですが、帰ってきてから、本当に何もないの?と少し気になったので、HDLコレステロールが高い原因について調べてみました。

体に良いとされているのに、高過ぎるのは良くないのかな…?と思っているあなたは必見ですよ。


スポンサーリンク

考えられる主な原因2つ

HDLコレステロールが高くなる原因としては、

  1. 食生活や運動によるもの
  2. 遺伝によるもの

この2つが考えられると言われています。

では、順番に詳細を見ていきましょう。

1.食生活・運動

まず、食事についてですが、アルコールの摂取はHDLコレステロールの増加につながるとされています。

過剰摂取はもちろんいけませんが、少しの量でも増えてしまうので、できる限り控えた方がいいかと思います。

あとは、ナッツ類にもHDLコレステロールを増やす効果があるという研究結果も。

実は私、毎日アーモンド食べてるんですよね。
もしかしてコレのせいなのか…(^_^;)?

ただ、ナッツもカロリーが多いので食べ過ぎは禁物ですが。

他の食べ物に関しても、バランスが大切で、偏った食事をしないよう心がけてくださいね。

 

そして、運動に関してですが、普段からよく運動している人(特に有酸素運動)が高くなる傾向があります

運動は、LDLコレステロールを下げるのにも有効ですし、これは別に止める必要はないかと。


スポンサーリンク


2.遺伝

CETP(コレステロールエステル転送蛋白)欠損症といって、CETPというタンパク質が欠損していると、HDLコレステロールが高くなることが最近になってわかってきています。

この症状は、日本人には100人に1人ぐらいの割合でいるそうです。

けっこう多いですよね。

このCETPが欠損していてHDLコレステロール値が高い場合は、冠動脈(心臓の筋肉に酸素をとどける動脈)の病気になりやすいというデータもあることから、油断はできません。

ただ、CETP欠損症は今のところ治療法などが無く、定期的に数値を確認して、大きな変動はないかをチェックしていくことが対策になります。

まとめ

HDLコレステロールは、基本的には良いはたらきをするものなので、少しぐらい高くてもあまり気にする必要はありませんが、異常に高過ぎる場合は病気が関係していることもあるので、病院で相談した方が良いでしょう。

私の場合は、基準値を少し超えている程度で、食事や運動をしているせいかなと思うので、たぶん大丈夫なのかな…

先生も大丈夫って言ってたし、定期的に検査をするようにして様子を見ていこうと思います。


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます。

コメントも気軽にしてくださいね!