管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

くるみの効果!1日の摂取量はどれくらいがいい?

私はナッツが美容に良いと聞きつけてから、日常的にアーモンドを食べていたのですが、最近、毎日同じだとちょいと飽きてくるな…と感じたので、気分転換にくるみも買うようになりました。

写真 2016-03-15 12 54 22

健康に良い食べ物でも、偏った食べ方してると、バランスが崩れますからね。

今はアーモンドとくるみを交互に食べています。

しかし、新しく食べ始めたばかりなので、くるみがどんな風に体に良いのかあまりわからない…

というワケで、くるみの効果と1日の摂取量について、調べてみました!

あと、今回調べてみて、摂取量はけっこう誤解してる人がいるんじゃないかと思ったので、こちらはぜひとも読んで欲しいです!

では、いってみましょう!


スポンサーリンク

くるみの栄養:どんな効果が期待できる?

まずは栄養について見ていきましょう。

成分表はこちら↓

写真 2016-03-15 17 06 40

やっぱりカロリー、脂質はかなりお高めですね…

くるみの中でピックアップしたい成分は

  • αリノレン酸
  • トリプトファン
  • 亜鉛
  • ビタミンB1
  • 食物繊維

の5つです。

それぞれどんな効果が期待できるのか、紹介していきますね。

αリノレン酸:血をサラサラに!

αリノレン酸オメガ3脂肪酸の一つです。

このオメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれるはたらきがあります。

なので、動脈硬化や脳卒中、心臓病、高血圧などの血管系の病気の予防に有効なんですね。

 

また、αリノレン酸は体の中で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます(だいたい全体の1割くらい)。

DHAやEPAは、脳の機能を高めてくれます。
一時期、DHAやEPAが豊富な魚を食べると、頭が良くなるとウワサが広まりましたよね(笑)

脳機能にも関係する成分なので、認知症の予防や進行の抑制にも効果があると言われています。

トリプトファン:グッスリ眠れる!

トリプトファンはアミノ酸の一種。

コレは眠りを誘うホルモンであるメラトニンを作る素となります。

つまり、メラトニンの分泌が増えて、快眠しやすくなる、ということですね!

亜鉛:美肌・美髪を作る!

亜鉛は肌の代謝に使われるミネラル。

肌荒れ抜け毛などにも良いとされています。

肌や髪の悩みのある方は、くるみを積極的に摂るといいでしょう。

でも、油分が多いので、食べ過ぎはニキビや肌荒れの原因になるので注意!

ビタミンB1:疲労回復!

糖質の代謝に関わっているビタミンB1

ビタミンB1が不足すると糖質をエネルギーに変えることができなくなり、エネルギー不足になってしまいます。

また、疲労の原因である乳酸が体に溜まるのを防ぐはたらきも。

食物繊維:便秘解消に!

食物繊維は言わずと知れた便秘対策の強い見方です。

なんだかあまり繊維っぽさを感じませんが、豊富なんですね(笑)

 

以上が、栄養や効能について。

お次は、摂取量についてお話していきます。


スポンサーリンク


1日の摂取量は?

1日の摂取量の目安は25g

粒数で言うと、だいたい7粒くらいだって、調べたらそう書かれていたんで、私はずっとそれを信じていました。

しかし!!

この記事を書く時に、わかりやすくなるかな~と思って、25g実際に重さを量ってみると…

kurumi1

はっ(゚д゚)!?

ぜんぜん7粒どころじゃないぞ?

粒ごとの大きさがバラバラなので、多少の誤差はあるかもしれないけど、これは誤差ってレベルじゃない…(^_^;)

 

実際の1粒の重さは、だいたい大きさによって1~3g
大きいのが2~3g、小さいのが1gぐらいだと考えればいいと思います。

つまり、私が食べてた量は、だいぶ少なかったんだな~と(苦笑)

 

どうしてこんなことになったのか、理由を考えてみたのですが、たぶん他のサイトで書かれている1粒って、殻に入った状態のことを言ってるのかなと。

殻から取ったら、だいたい2粒分くらい出てきますよね。
(殻付きは買ったことないので、たぶんですが…)

なので、結論としては、殻無しのくるみを食べてる人は、だいたい15粒くらい食べる(大きさによって数は調整してください)のがちょうどよいでしょう。

これは意外と盲点だと思うので、次回からこちらを目安に!

選ぶ時は無添加のものを

最後に、くるみを買う時のポイントを一つ。

必ず食塩や油などを添加していないものを選びましょう。

塩分や油分の摂り過ぎになっちゃいますからね…

なので、必ず無添加のものを買うようにしてください。

まとめ

今回は、くるみの効果と摂取量の目安についてお話してきました。

美容にも健康にも、とても良い食べ物なので、これからも食べ続けていきたいと思います(^^)

でも美味しいからって、食べ過ぎたらダメですよ~(笑)


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます。

コメントも気軽にしてくださいね!