管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

離乳食の進め方!初期の例と注意ポイント!

rinyusyoku

赤ちゃんが5ヶ月~6ヶ月くらいになると、そろそろ離乳食の準備がはじまりますよね。

大人のごはんと違って、ひと手間もふた手間もかかるのが面倒だな…とは思うものの、これも我が子の成長と思うと嬉しさで頑張れちゃったり。

ミルクや母乳から、いよいよ『食事』への一歩を踏み出すわけですから、ママもドキドキです。

私は、娘がスローペースだったことと、夫が長期出張で不在でひとりで慣れない育児をやっていたこともあって、「6ヶ月後半くらいからでいっかな~♪」なんてのんきに構えてました。

私がそんな風なので、おせっかい焼きのおばから怒られる、怒られる(笑)

「もう6ヶ月に入ったらどの子も離乳食はじめてるわよ!赤ちゃんがかわいそう!

でも、生まれて初めての離乳食作り。

一体どんな風にはじめたらいいものやらさっぱりわかりません…。

きっと、はじめての離乳食でわからないことだらけ、不安なのは私だけじゃないはず。

今回は、私とおなじように、はじめての離乳食に不安を持っているママへ、離乳食の進め方と、初期の頃の注意すべきポイントとメニュー例をご紹介します。


スポンサーリンク

離乳食をはじめる時期

だいたい5か月~6ヶ月を目安にはじめるようになっていますが、この頃になると、大人が食べるものに興味を示す赤ちゃんもいます。

そうなると離乳食も抵抗なく受け入れてくれそうですよね。

離乳食をはじめる上でいちばんのポイントは、赤ちゃんの首がしっかりと安定していること。

お座りはまだ上手にできないことも多いので、サポートが必要ですが、首がしっかり安定していないと離乳食をあげるのは難しいので、赤ちゃんの成長にあわせてはじめましょう。

スタートは1日1回から

初期の離乳食は1日1回からはじめます。

赤ちゃん自身の成長具合や、食事への興味で量は変わってきますが、いちばん最初のスタートはスプーン1杯から。

初期の離乳食の時期は『ゴックン期』とも言われ、ミルクや母乳以外の食事に慣れることと、舌を上手に使う練習をすることが目的。

離乳食の量よりも、上手にゴックンできるようになるかな~♪という所に注目して赤ちゃんを見守ってくださいね。


スポンサーリンク

離乳食初期の注意ポイント

離乳食をはじめる初期の注意すべきポイントをご紹介します。

1.赤ちゃんの口を無理やり開けない!

赤ちゃんのその時の体調や機嫌によって、口を開けてくれないこともあります。

そんな時は無理強いせず、スプーンでそっと赤ちゃんの下唇をつついてみると、開けてくれることも多いですよ。

どうしても口を開けてくれなくても、唇についた離乳食でも赤ちゃんはしっかり刺激を受けますし、味わうこともできるのでめげずに続けましょう。

赤ちゃんの口にスプーンを入れる時は、まっすぐ入れて、まっすぐ出すようにすると、口の中を傷つける心配がないのでおすすめです。

2.おかゆ→野菜→豆腐・魚の順番で!

離乳食の最初は何と言ってもおかゆ。

10倍かゆという、お米1に対して水10の割合で作ったおかゆをペースト状にしたものからはじめていきます。

10倍かゆの作り方はこちら↓

  1. ごはん大さじ1杯に対し、水50ccを入れ、弱火で10分ほど火を通す
    (一度炊いたお米を使うので、ごはん1に対して水の割合は5になります)
  2. 火を止めて10分ほどフタをしたまま蒸らす
  3. すり鉢ですりつぶす

 

私はもっぱら、自分用に炊いたごはんからまとめて作って、フタつきの製氷機に小分けにして保存していました。

それから、冷凍保存したおかゆは、安全の面から1週間を目安に使い切るようにしてください。

1週間かけておかゆに慣らしたら、2週目は野菜のペーストをプラス、3週目は豆腐や白身魚のペーストをプラスしていきます。

1週間かけて、ゆっくりと慣らしていくのがポイントです。

離乳食で使いやすいのは、にんじんやほうれん草、かぼちゃなどの野菜、魚は、鯛やカレイ、しらすなどが手に入りやすいのでおすすめです。

ただし、アクが強い山芋や長芋、魚でもタラはアレルギーを起こしやすいとされているので使わないようにしましょう。

3.はじめてのものは平日の午前中に!

離乳食を取り入れるタイミングを調べると、ほぼ、1日1回、それも午前中にとなっています。

これ、どうしてだろうってずっと不思議だったんですが、実は赤ちゃんを守るための大切なポイントなんです!

午前中であれば大きな病院であっても診療時間なので、赤ちゃんに万が一、アレルギーなどの症状が起きても、すぐに病院にかけこむことができます

ただし、土日となると病院は休診が多いし、救急病院に小児科医がいる可能性も少なくなります。

そのため、赤ちゃんにはじめてのものを食べさせる時は、平日の午前中が万が一の時を考えると安心なんですね。

 

うちの娘は肌が弱かったこともあって、アレルギーがあるんじゃないかと心配していたので、とにかくこれはすっごく意識してました。

土日は赤ちゃんにとってもママにとっても休息の日と考えて、スタートから3週目、4週目くらいでも、おかゆと野菜のペーストに戻したりしてましたよ。

初期の離乳食のメニュー例

1週間ごとにおかゆ→野菜→豆腐・魚と進めていくと言っても、具体的にどんな風にやっていくのかが、いちばん気になりますよね。

1週目はひたすらおかゆ

okayu

生まれて初めての食事ですから、慣れてもらうためにもまずはおかゆに時間をかけて慣らしていきました。

ただし、1日目、2日目は離乳食用のスプーンに1杯、3日目、4日目は2杯、5日目からは3杯といった具合に、少しずつ量を増やすことを目標にしていました。

娘の育児日記を見てみると、「スローペースなうちの娘、3日目は頑として口を開けず、1杯も食べなかった」と書いてあります(笑)

2週目から野菜のペーストが登場

paste

おかゆに慣れてもらったら、今度は野菜を取り入れていきます。

2週目の目標は、おかゆスプーン3杯+野菜のペースト1杯から。

野菜はとにかく柔らか~く煮てすりつぶします。

かぼちゃなど、ホクホクした感じで食べにくそうな時は、水溶き片栗粉を少し加えて、おかゆくらいのゆるっとした感じにしてました。

 

日記を見てみると、

1日目:にんじん
2日目:ほうれん草
3日目:じゃがいも
4日目:ほうれん草とじゃがいも
5日目:かぼちゃとにんじん

となってました。

2日目のほうれん草の食べっぷりがよかったので、3日目のじゃがいもにほうれん草を混ぜたのですが、あまり食べなかったようです(笑)

3週目から豆腐や白身魚登場

paste1

いよいよ3週目からタンパク質の登場ですが、ここでもスタートは少量から。

野菜のペーストと混ぜてスプーン1杯くらいから、少しずつ増やすのが理想。

豆腐も白身魚もしっかりすりつぶしてペースト状のものを使っていきます。

 

育児日記を見てみると、その頃、大人の食事も自分の分しか作らなくてよかったこともあって、私はお刺身盛り合わせ、娘はその中の鯛のお刺身一切れを茹でて離乳食にしていました(笑)

意外にも、この頃、娘が気に入っていたのが納豆

納豆はクセが強いので、離乳食に使っていいの?と心配かもしれませんが、納豆をざるなどに入れてお湯をかけ、しっかり湯通しをした後に、柔らかく茹でてすりつぶせば大丈夫。

ただし、付属のたれは赤ちゃんには濃すぎるので使わないでくださいね。

まとめ

離乳食がはじまると、赤ちゃんがぐんぐん新しい世界の扉を開けて成長していく感じがしますよね。

赤ちゃんがこれから体験する食事を、ママと一緒にたくさん楽しんでくれたらいいなと思います。

  1. 赤ちゃんの口を無理やり開けない!
  2. おかゆ→野菜→豆腐・魚の順番で!
  3. はじめてのものは平日の午前中に!

今回ご紹介した注意するポイントをしっかり守って、赤ちゃんの新しい世界を広げてあげてくださいね。


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます!