管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

方位と方角の違い!かんたんに解説!

「方位」と「方角」って何が違うのか?

その違い、知っていますか?

houi

私は、正直に言うと、まったく同じものだと思ってました(^_^;)

同じことなら、一語で十分なのに…本当に日本語って、ややこしいですよね~。

たまたま、ネットで、この2つは微妙に違うんですよ~、ってことを知り、気になったので調べてみました。

でも、どこを見ても、説明がわかりづらい…

もう少し、わかりやすく教えてくれよ(´Д`)ハァ…

と切実に思ったので、自分なりに、できるだけ、簡単にまとめてみました。

これを読んで、方位と方角の違いについて、しっくり来てもらえれば、幸いです。


スポンサーリンク

違いは何?

 まずは、スマホの辞書で、それぞれの意味をチェック。

  • 方角…ある点を基準として、東西南北で表した方向。または、向かっている方向。
  • 方位…東西南北を基準として定めた方角

だそうです。
イヤ、いっしょやん…(苦笑)

 

辞書的な意味としては、どっちもほぼ同じ意味と考えて問題なさそうです。

じゃあ、違いはどこにあるのか?

それは、使い方にありました。


スポンサーリンク

方位は地理・方角は慣用句

地理の勉強で、「正距方位図法」とかあったのを覚えていますか?

地理で使われる用語は、ほとんどが「方位」で統一されています。

一方、方角は、「あさっての方角」、「あっちの方角」など、慣用句や、日常的な表現で使われることが多いです。

 

これは、

  • 方角観測した地点を基準にしている
  • 方位子午線(北極と南極を結ぶ線)を基準にしている

という違いがあるからです。

つまり、方位は、

常に一定となる基準があるので、地図などの、共通した方向を示すのに適している

ということですね。

逆に、方角は、

観測者からの視点なので、自由度があり、口語的な表現として使いやすい

といった感じでしょうか。

このように、もう一方の語に変換すると、意味がおかしくなってしまうこともあるので、ちゃんと違いがあることが、わかりますよね。

まとめ

 方位と方角の違い、いかがでしたでか?

簡単に言ってしまえば、

意味はだいたい同じだけど、実際に使う時は、しっかり区別されている

というのが、結論ですかね。

普段の生活で使う場合は、とりあえず「方角」で、統一しておけば、特に問題ないかと。

こうした実用的な例で比較されると、やっぱり別物で、両方ないと困るよな~、と実感しました。

日本語は奥深いですね…


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます。

コメントも気軽にしてくださいね!