管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

おはぎとぼたもちの違い!いったい何が違うの?

おはぎとぼたもちって、見た目同じに見えるんだけど、何が違うの?

ohagi

私は、甘いものが好きで、どちらもよく食べるのですが、未だに、その違いを判別できません…

あなたは、わかりますか?

「いや~、正直、わからないっす…(^_^;)」

という方が多いと思います。

ちょうど、先ほどのおやつでおはぎを食べたところなので、すごく気になったんですよね~。

 

ということで、今回は、おはぎとぼたもちの違いについて、まとめてみました!

すると、一般人では、とても見分けがつかない(?)いろんな違いがあることがわかりましたよ!

それでは、さっそく、お話していきますね~(´∇`)ノ


スポンサーリンク

何が違うの?

今まで、「違いが~」と何度も口にしてきましたが、

基本的には、どっちも同じもの

です…

でも、違いはちゃんとあるんですよ!

こんなこと言われたら、さっぱりワケがわかりませんよね(^_^;)

自分でも、よくわからん(苦笑)

すごくややこしくなってますが、これから、ちゃんと説明していくので、落ち着いて、続きを読んでみてくださいね。

 


スポンサーリンク

違いは大きくわけて、4つあります。

それでは、一つずつ、見ていきましょう!

1.食べる季節

  • に食べるのがぼたもち
  • に食べるのがおはぎ

すごく単純ですが、これだけです。

季節によって、呼び方が違うんですね。

 

それでは、こうなった理由について、解説していきましょう。

まず、それぞれの名前を漢字で書くと、「牡丹餅」「御萩」となります。

花に詳しい人なら、もう気づいたかもしれませんが、牡丹は春萩は秋の花なんですね。

つまり、季節の花に見立てた呼び名を使っている、というワケです。

 

「でも、夏と冬はなんて呼べばいいの?」

という質問が出てきますよね?

「夜船(やせん)」「北窓(きたまど)」と呼びます。

これらの由来は、おはぎは、おもちのように、ついたりしないことから、来ています。

つかない ⇒ ついたことがわからない ⇒ つき知らず

ということで、

  • 夜船…着き知らず(夜の船は到着がわかりにくい)
  • 北窓…月知らず(北の窓からは月が見れない)

にかけて、この名前が使われるようになったんですね。

 

ここで、

「ホントに、つかないんですか~?」

と気になったので、作り方の動画を確認してみました。

 

まあ、少しはついてますが、杵でペッタンペッタンする程ではないので、これなら、周りに、餅をついていることは知られなさそうですね(笑)

2.形・大きさ

これは、先ほど紹介した花によって、大きさが、少し違います。

それでは、両方の花を見比べてみましょう。

牡丹

botan

特徴:丸くて大きい 

 

hagi

特徴:小ぶりで細長い 

 

この特徴から、

  • ぼたもち…丸くて大きい
  • おはぎ…小さめで楕円形

という風になっているようです。

でも、コレって、個人の感覚によって全然変わってくるんじゃ…(^_^;)

だから、イマイチ浸透してないのかな(苦笑)

3.あんこの種類

お次は、あんこに注目してみましょう。

  • おはぎ…つぶあん
  • ぼたもち…こしあん

こちらもアッサリしてますね。

この話も、季節が深く関係しています。

 

あずきの収穫時期は、秋です。

秋の採れたてあずきは、皮がやわらかいので、皮ごとつぶして、つぶあんにできます

しかし、春まで置いといたあずきは、皮が硬くて、そのままでは食べづらいので、皮を取って、こしあんにします

このように、あずきの状態が違うので、製法もそれに合わせて、変えているというワケです。

 

ただし、今は、保存技術なども進化して、どちらのあんも、一年中食べられるので、違いを気にする必要はありません。

まあ、豆知識として、覚えておいてくださいな…

4.もち米の状態

最後は、中身のもち米です。

これも微妙な違いですが…

  • ぼたもちつぶつぶ感が残っている
  • おはぎもち状(つぶつぶ感がしない)になっている

 

あとは、

もちごめの比率が多いとおはぎ
うるち米の比率が多いとぼたもち

という分け方もあるみたいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

最後にこちらの表で、もう一度、おさらいしてみましょう。

 ぼたもちおはぎ
季節
形・大きさ丸くて大きい小さくて楕円
あんここしあんつぶあん
もち米つぶ感があるもち状

季節の変化に応じて、呼び方を変えるというのは、とても風情があって、日本らしさがよく出ていますよね~(´∇`)

こうして見てみると、けっこういろんな違いがあるんですね。

 

ちなみに、今はおはぎと呼ぶことが多くなっているようです。

言われてみると、私も、おはぎの方が、よく食べるかも!

これは、東京では「おはぎ」が主流で、それが全国に広まり、定着したのが理由とされています。

なので、どっちかわからなければ、とりあえず、おはぎって言えば、なんとかなるはずです(笑)

ただし、関西の方では、ぼたもち派が多いみたいですけどね。

という、最新のおはぎ事情でした。

 

今回は、これにて終了です。
読んでいただき、ありがとうございました(^^)


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます!