管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

半身浴と全身浴の違い!いったいどっちがいいの?

入浴の仕方って、半身浴全身浴がありますよね?

半身浴の方が美容にいいとか、全身浴の方がダイエットにいいとか、いろんなウワサが飛び交ってるし…(^_^;)

結局、どっちがいいんだよ?

と思ってしまいますよね。

nyuuyoku 

バスタイムは、疲れた体を癒してくれるだけでなく、美容や健康にも重要な時間です。

どうせ入るなら、少しでも効果が高い入浴法を選びたいですよね!

そこで、半身浴と全身浴の違いを徹底検証してみたいと思います!!

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!


スポンサーリンク

 それぞれのメリット・デメリット

まず最初に、しっかり言っておきますが、どちらにもメリット・デメリットの両方があります

それぞれの特徴をしっかりと理解し、あなたに合った入浴法を選ぶのが、いちばん大切なことです!

 

よく、美容系のサイトとかでは、どちらか一方の良い所だけを切り出して、過度にプッシュしてくることが多いですが、安易にそれを真に受けるのは、止めましょう。

ああいうのは、まあブームを作らなきゃいけないので、そうしないといけない部分もあるんでしょうが…(^_^;)

それでは、両者の良いとこ・悪いとこを紹介していきますね。

半身浴

まずは、半身浴から。

メリット

  • 心臓への負担が少ない
  • 体の内側から温まる → 冷え性にも効果アリ
  • むくみ解消
  • 快眠効果

 

上体に水圧がかからない分、心臓への負担が少なく、長時間かけて湯船に浸かることで、体を芯から温めてくれます。

そして、むくみの改善。

むくみは、血液の流れが悪くなり、体の中の水分を循環できなくなるから起こります。

半身浴は、足の滞った血液を、心臓の方へバンバン送ってくれるようになるので、下半身の血液循環が良くなり、むくみの改善にも効き目があるんですね。

 

最後に、快眠効果についてですが、これは副交換神経(リラックスしてる時に優位になる)が働くからです。

半身浴は、ぬるめのお湯(38~40℃)で、20分以上入るのが基本です。

「ぬるめ」っていうのがポイントで、体への刺激を抑えて、リラックスさせることが重要です。

これが熱いお湯だと、逆に交感神経が優位になり、目が冴えてしまって、眠りが浅くなってしまうので注意!
(徹夜などしたいときは、逆にいいかもしれませんが…)

 

デメリット

  • 時間がかかる
  • 上半身が寒い

 

半身浴でやっかいなのは、この2点ですね。

忙しくて、「そんなに長い時間お風呂に入ってる余裕はないよ!」という方には、向いてません。

寒さに関しては、上にタオルを巻いたりして、多少は寒さを防ぐことができますが、それでも厳しいなら、全身浴の方がいいと思います。


スポンサーリンク

全身浴

続いて、全身浴。

メリット

  • 短時間で体が温まる
  • 全身の筋肉がほぐれる → 肩こりにも良し
  • 半身浴よりも気持ちいい
  • 心肺機能向上

 

全身湯船に浸かる分、体が温まるのが早く、全身の筋肉が緩まるので、肩や首のこりにも良いです。

あとは、気持ち的な部分で、半身浴よりも気持ちよく感じることですね。
(あくまで一般的な意見です)

これは人それぞれの感じ方なので、違う方もいるかもしれませんが…

上半身にも、水圧がかかるので、心臓のポンプの力が高まり、心肺機能の向上にもつながります。

 

デメリット

  • 風呂あがりに疲労感を感じやすい
  • 心臓への負担がかかる
  • 湯冷めしやすい

 

全身への水圧がかかるため、その分疲れが出たり、心臓への負担が大きくなります。

なので、高齢な方や、心臓の弱い方などには、オススメできません。

ちなみに、体にかかる水圧は、およそ500kg~1トンもあるそうです(゚д゚)!

数字で聞くと、ものすごいことになってますが、健康な人にとっては、大したものではありません
(あなたも平気で全身浴してますよね?)

 

ただし、いくら健康と言っても、負担が大きのは事実なので、負担を減らすため、かけ湯シャワーを浴びてから、入るようにしましょう。

かけ湯は、心臓から離れた足からかけてください

下から徐々に温める、と覚えておけば大丈夫です。

あとは、短時間で体を外から温めているので、お風呂から出ると、すぐ体が冷えてしまいます。

湯冷めしないためにも、お風呂の外の温度を、高くして、温度差が少なくなるようするなど、対策も必要です。

よく聞く入浴法のウワサの真相

ここでは、冒頭でもちらっとお話した、入浴による、ダイエット効果デトックス効果について、語っておこうと思います。

これらの話はよく効きますが、

実際のところは、大した効果はない

と思ってください。
(期待していた人には申し訳ないですが…)

diet

多少のカロリーは消費するので、全くない、というわけではありませんが、お風呂に入っただけで、劇的に痩せるなんてことはまずありえません。

 

ちなみに、半身浴でも全身浴でも、消費カロリーに大差はないです。

摂取カロリー・消費カロリー大辞典によると、55kgの女性が、1時間入浴した場合、

半身浴:153kcal
全身浴:174kcal

だそうです。 

ご飯100g(小さめの茶碗1杯分)が、168kcalとのことなので、これぐらいのカロリーは減らせるということになります。

この程度では、痩せないよな~ということは、すぐに想像できるでしょう。

 

あと、デトックスに関しては、汗をかくことなどから、それでデトックスされてると、錯覚している人が多いようです。

ちゃんとしたデータなどによる証拠は、全くないんだとか…

これらの効果は、後でがっかりしないように、変な期待はしないでおきましょう(苦笑)

管理人の入浴法は?

最後に、私がどっちの入浴法なのか?

ということを、理由も交えてお話しておきます。

 

私は半身浴派です!

冷え性持ちなので、体を中から温めたいのが、いちばんの理由です。

お風呂から上がって、だいぶ時間が経っても、体がポカポカしているので、私にはこっちの方が合っているかなと思っています。

でも、やっぱり冬場はツライですね~…
温まるまでが…(苦笑)

まとめ

半身浴と全身浴の違い、いかがでしたか?

かんたんにまとめると、こんな感じかな。

  • 冷え性の人、体を中から暖めたいなら半身浴
  • とにかくパッと済ませたいなら全身浴 

大雑把かもしれないけど(^_^;)

これを目安に、さっきの特徴も比べながら、あなたのライフスタイルや気分に応じて、入浴法を選んで、素敵なバスタイムを過ごしてくださいね~(´∇`)♪


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます。

コメントも気軽にしてくださいね!