管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

豚汁とけんちん汁の違い!実は全然違うものだった?

この前、友達といっしょに和食を食べにいったのですが、そこでけんちん汁が出てきました。

で、そのけんちん汁を食べた時に、衝撃を受けたんですよ…

「え!?何コレ?
私の思ってたけんちん汁と全然違う…(゚д゚)!?」

私は、学校の給食ぐらいでしか食べた記憶がなかったので(家では豚汁ばっかりでした)、豚汁を肉抜きしただけのヤツと勝手に思っていたんですよね(苦笑)

それで、豚汁とけんちん汁の違いは何なの?と気になったので、ちょっと調べてみました。

私みたいに、両者の違いがよくわからない、というあなたは、ぜひ読んでみてください~。


スポンサーリンク

3つの大きな違い

豚汁とけんちん汁では、大きく3つの違いがあります。

  1. 歴史
  2. 具材
  3. 調理法

 

それでは、具体的にどう違うのか?

ここからはより詳しくお話していきますよ!

1.歴史

まずは、それぞれの歴史を見ていきましょう。

けんちん汁

kentinjiru

けんちん汁が誕生した説は、

  • 建長寺汁がなまってできた説
  • 普茶料理(ふちゃりょうり)の巻繊(ケンチャン)からきているという説
    ※普茶料理…中国の精進料理

この2つが有力ですが、どちらが正しいのかまでははっきりしていません。

 

1つめの説は、鎌倉にある建長寺(けんちょうじ)で出された汁、ということで、

けんちょうじじる ⇒ けんちんじる

に変化した、という理由です。

そして2つ目は、ケンチャンという食べ物が、野菜や豆腐を混ぜて、湯葉か油揚げで揚げた料理なので、似ているからという理由です。

けんちん汁も、これらの具材を混ぜた汁ですからね~。

確かに似てるかも。

では、次は豚汁の生まれを見ていきましょう。

 

豚汁

butajiru

牡丹鍋(ぼたんなべ)という、イノシシ肉を使った鍋が、元となっていると言われています。

飛鳥時代には、「お肉を食べちゃいけません!」という肉食禁止令が出されていたそうです。

 

ただし、イノシシは別に禁止されていなかったので、鍋に入れて食べていたんですね。

それが、牡丹鍋です。

後に、豚肉が食べれるようになったことで、これがアレンジされてできたのが豚汁、というわけですね。


スポンサーリンク

2.具材

具材に関しては、

肉を入れるか入れないか

これに尽きます。

他にも地域や家庭によって、入れる具材は変わってくると思いますが、肉の有無ははっきりとした違いです。

 

どうしてかというと、けんちん汁は、精進料理だからお肉を食べてはいけないからです。

それで、お肉が入っていないんですね。

だから、ダシも昆布干ししいたけを使います。

動物性のかつお節は使いません。

 

あとは、傾向として、けんちん汁は里芋、豚汁はじゃがいもと使い分けてる人が多いみたいです。

みなさんも、区別するために、いろいろ工夫しているんですね~(´∇`)

3.調理法

具材の部分ともつながっていますが、本来のけんちん汁は、

  • 醤油で味付けをする
  • 煮る前にゴマ油で炒める

といった、豚汁とは異なる調理法で作ります。

動画もあったので、確認してみてくださいね。

本当に醤油を使っていますね。

どうりで、この前食べたのは、あんなに味が違ったのか!

 

ただ、最近では、みそで味付けするところもあります

私が勘違いしていた理由が、これでわかりました。

私が給食で食べてたのは、みそで味付けされていたので、そりゃ判別できないわけです(^_^;)

一方の豚汁は、ご存知の方も多いと思いますが、油で炒めたりしないし、味付けはみそでします。

まとめ

豚汁とけんちん汁の違い、わかりましたでしょうか?

もう一度、まとめておくと、

  • 豚汁…豚肉を入れてみそで味付けした汁
  • けんちん汁…肉なしで醤油で味付けした汁

と覚えておけばいいかと思います。

ただ、現在では、好みに合わせてオリジナルレシピで作る方が多いと思うので、作るときな自由に作ってくださいね!

美味しく食べるのがいちばんなので(^^)


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます!