管理人が今気になる最も旬な情報をお届け!

有酸素運動と無酸素運動の違い!それぞれの基準は何なの?

1キロのダンベル運動って、無酸素運動になるの?

これ、仕事でお付き合いのある方と、ダイエット話に花が咲いた時に、疑問に思ったことなんです。

彼女は、ダンベルを使っているので、無酸素運動だと思っていたようですが、私は、それは有酸素なんじゃない?って思ったんですよね。

しかし、よく考えてみると、いったいどっちが正しいのか、根拠がいまいちわからない…

そんなわけで、有酸素運動と無酸素運動の違いについて、詳しく調べてみましたよ。

この違いをちゃんと理解しておくと、ダイエットなどにも役立ちますから、この機会に覚えちゃいましょう!


スポンサーリンク

有酸素と無酸素を分ける基準とは?

はっきり言ってしまうと、明確な基準はありません。

例として、ダンベルトレーニングを挙げますが、

○kgまでは有酸素運動で、□kgからは無酸素運動だ!

みたいな、ちゃんとしたボーダーはないようです。

 

一応、基準になりそうなものとして、

  • 心拍数が10%程度上がる運動(ハアハアするくらい) → 有酸素
  • 心拍数が30%以上上がる運動(ゼエゼエするくらい) → 無酸素

とのことです…

ただ、

「心拍数なんて、いちいち計らないんですけど…(^_^;)」

と思ってしまいますよね(苦笑)

なので、結局、私らのさじ加減で決まっちゃうわけなんです。

 

なんとも、微妙な答えが出ましたが(いや、出たのか?)、ここからは、一般的な考えで分けたとして、それぞれの運動の特徴を見比べていきましょう。


スポンサーリンク

有酸素運動の特徴

walking

まず、有酸素運動は、

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • エアロビクス

などなど、時間をかけて、じっくり行う運動のことです。

酸素をいっぱい取り込み、脂肪をエネルギーとして消費する割合が大きいので、脂肪燃焼したい人におすすめの運動ですね。

あくまでも、比率が大きいってだけで、100%脂肪を燃焼するわけではありませんよ。

実は、私もそうだったのですが、こう思っていた人、意外といるんじゃないでしょうか?

 

正しくは、基本的に運動をすると、糖と脂肪の両方が、エネルギー源として消費されているんですね。

なので、

糖:脂肪 = 50:50

で消費されていたのが、

糖:脂肪 = 40:60

みたいに、脂肪の方が、糖分よりも、使われやすくなる、というのが正解なんです。

有酸素運動を20分以上しないといけない理由

あと、有酸素運動で有名なお話として、20分以上しないと、脂肪が燃えないというヤツ、ありますよね?

こちらについても、ちゃんと話しておこうと思います。

先ほどの比率の話を聞けばわかる通り、別に、10分やっただけでも、いちおう、脂肪は燃えています。

ただ、その割合が低いってだけですね。

 

それと、20分以内は、体についてるムダな脂肪たちではなく、血中の脂肪がエネルギーとして使われやすいんです。

なので、血が脂でドロドロになるのは抑えてくれるけど、体にこびりついたムダな脂肪たちは、ほぼ影響なしというわけですね(^_^;)

で、20分以上経つと、血液中の脂肪を使い切り、ようやく、あの憎い脂肪が燃えていきますよ~、ということです。

だから、20分以上しましょうね、とよく言われているんですね。

無酸素運動の特徴

danberu 

もう一方の無酸素運動は、

  • ウェイトトレーニング
  • 筋トレ
  • 全力ダッシュ

といった、とにかくキツ~い運動のことです。

こちらは、何よりも、瞬発力が求められるので、筋肉が酸素を十分に取り込む余裕がありません

なので、脂肪を燃やす燃料となる酸素が足りないので、その分、糖が多めにエネルギーとして使われます

筋肉をつけて、引き締まった体になりたい人や、代謝をアップさせて、太りにくい体になりたい、という方におすすめです。

 

ちなみに、「無酸素」なんて言ってますが、かなりハードな運動でも、それなりに、酸素は取り込んでいるそうですよ。
(「無酸素ちゃうやん!」ってツッコみたくなりますね 苦笑) 

まとめ

いかがでしたか?

有酸素運動も無酸素運動も、美しくやせたいなら、どちらも必要な運動です。

念のため、おさらいしておきましょう。

  • 有酸素で体に溜まった脂肪を燃やす
  • 無酸素で引き締まった太りにくい体を作る

こうした目的でやっているんだ!と意識することで、モチベーションも上がりますし、効果的に運動することができるようになります。

キレイに美しくダイエットするために、ぜひ、活かしてみてくださいね(^^)


スポンサーリンク


この記事が役に立つと思ったらシェアしよう!!

関連記事

検索

このブログの管理人

neko

こんにちは!
管理人のたまです。

このブログでは、私が日々気になったことをわかりやすく、そして、面白く伝えていきたいと思っています。

みなさんに喜んでいただけるような記事を目指して、情報発信していきます!